トピックス

between 読者とつくる紙面「アリとキリギリス」あなたはどっちが好きですか?

豊かなようでも、それほど満たされてもいない〜。 ちょっとヘンな世の中になっている気がしますが、みなさまいかがでしょうか?

「リーマンショック」以来、世界の金融事情は不安定極まりなく、先頃フランスで開かれた先進20ヶ国の世界経済会議でも、波乱含みの結末となりギリシャでは政権が変わり、あげくの果てにはイタリアの首相退陣にまでなりました。

その結果、円高も含め、「世界恐慌」などという実感の伴わない不安な言葉が、いまでは日常茶飯事となってきています。

先日もまた、いまこそ世界に乗り遅れてはいけないと、我が国の首相もTPP会議に突入すべくハワイまで飛ばれましたが、この判断が世界的にみて妥当だったのか、すでにもう手遅れだったのかは、まったく、私たちには理解できないことだらけです。

さて、そんなこんなの日常から、今月の「めーるきっず」通信では、アリとキリギリスになぞられてのお話をご紹介しようと思います。

以前、朝日新聞の土曜日版/between 読者とつくるという紙面で紹介されていた、「アリとキリギリス どっちが好き?」という記事がありました。

記事の冒頭から、『「もっと働かないと日本は生き残れない」との言説が出る一方、働いてもラクにならないワーキングプアの問題もある。今の時代、アリとキリギリスどちらに憧れますか?』と、かなりショッキングな問いかけが書かれていました。

流通ジャーナリストの金子哲雄さんは、この記事の中で、「アリでもキリギリスでもない、『アリギリス』になれ」と提唱されています。

その根拠は、知恵こそが価値を生む「知価社会」の時代に、アリのように働くだけでは生きていけないというのです。
「単純労働は人件費の安くて済む国に移行しています。しかも時間もコストになってしまう時代に突入して、今では、コツコツとやっていると時間がかかり、逆にコスト高になってしまうのです」と。
モノを作っても売れない。会社に忠誠を誓っても給料は上がらない、そんなときに根性論で働いているだけでは続かないという現実が、悪循環となっているのです。

賛否両論いろいろあって、「努力するな!」というのではありませんが、今、ここで問題なのは「努力の方向性」を考えることなのです。

要するに、「キリギリスのようにラクして暮らすにはどうすればいいか」も、少しは考えながら、その目標に向かってアリのようにコツコツ努力もする。そんな生き方にも価値があるということです。

単に仕事のことだけでなく、人生も含めトータルに見て、効率よく働かないと、アリのような成果や幸福が得られなくなりつつあるのが、いまの私たちが置かれている現状のようです。

ちなみに紙面では、「アリとキリギリス どちらが好き?」の問いに、答えたさまざまの思いが寄せられていますが、その結果は、なんと78%がアリで、残り22%がキリギリスでした。
冒頭に書いたようないまどきのご時世ですから、もう少し均衡するかと思いきや、「アリ?」と思うくらいの大差がついて、「アリ型」に軍配が上がっています。

◆アリと答えた理由としては
 *まじめに働く行為は大切だ
 *働いて将来に備えるのは当然だ
 *生活のため働くのは当然だ
 *努力することは良い
 *仕事で自分も成長する
 *労働は社会的に意義がある
 *小心者でさぼれない
 *働けばより豊かになれる
 *仕事が好き、やりがいがある
 *自分の夢を実現させたいから

◆キリギリスと答えた理由は
 *働くことがすべてではない
 *仕事以外で自己実現できる
 *楽しく暮らしたい
 *束縛より自由がいい
 *ラクにこしたことはない
 *お金のためにアクセクはいい
 *将来よりも今が大事
 *日本人は働き過ぎ
 *そんなに働くなくても豊かになれる
 *太く短く生きたいから

以上のような回答があったそうです。

ここで最も興味深いのは、自らを総して寄せられた回答の全体の78%が、日本人は、「アリ」だと答えていることです。
要するに、日本では、どちらかと言えばアリと言うのが、どちらかと言えばキリギリスと言うのを大幅に上回っているのが現状なのです。

振り返ってみても、確かに日本は景気が良くても悪くても、欧州のように1ヶ月もバカンスにでるような時代は来なかったといっても過言ではありません。
また、思い返せば、厳しい猛暑と戦った今夏も、「電気予報」が発令されても、がまんを合い言葉に乗り切りました。

これは国民性なのか、果たして社会全体のシステムがそうなのかは???

ただ、最近ちらほらと耳にするのは、「日本人が働き過ぎというのは実は迷信で、大多数は周囲が働くから自分も働くだけ」と言うのですが、もしもこれが、本当の理由なら困ったものだとは思いませんか??

ほどほどのアリ、ほどほどのキリギリスがいてもおかしくない世の中で、その、どちらのほどほどになることも難しいのかも知れませんね。

では改めてお尋ねしますが、みなさんは「アリとキリギリス」どちらがお好きですか??

う〜〜〜〜〜ん、私は。。。。?!

たちのゆみこ