トピックス

外国人の日本人観光客(女性)に対する意識調査からー ええっ、本当にというお話 ー

突然ですが、かつて"海外を訪れる日本人観光客"に対して、海外の人たちからみるとステレオタイプのイメージがあったようです。
たとえば、意味もなくニコニコし、カメラを首からぶら下げ、ガイドブックを片手にウロウロなどなど…。
ある意味、正しい日本人を象徴するお決まりの人物像でしょうか??

それでは、現代の日本人イメージとはどうでしょうか?
たまたま読んだ旅の本から、今回はハッとするような「現代版/日本観光客」のリサーチを見つけましたので、今月のめーるきっず通信でご紹介します。

今回マーケティング・リサーチを行ったのはハワイ、パリ、ローマ、ソウル、香港に在住の男女1000人(20〜69歳)を対象に実施された興味深いもので、その名も「外国人の日本人女性観光客に対する意識調査」です。
自分の事を客観的に見るのはなかなか難しいですが、今回の調査によって、たまたま女性限定ではありますが、「日本人観光客が、異国の人からどう思われているのか」が浮き彫りとなったようです。

まず第一の質問は、ざっくりと「日本人女性観光客へのイメージ」についてです。
結果は、いずれの国でも、「良いイメージ」「まぁ良いイメージ」とポジティブな回答が多く得られていますが、具体的なイメージを求めるとちょっと風向きが変わってきてしまうのにはびっくりです。

たとえば、ハワイでは「買い物の袋を沢山ぶらさげている」(43.2%)、パリや香港では「現地の言葉を話さない」(パリ56.7%、香港62.3%)、ローマやソウルでは「写真をたくさん撮る」(ローマ59.5%、ソウル44.1%)、他にも「いつも団体行動をしている」「化粧が濃い」……など、どうも、あまり嬉しくない回答が上位を占めている模様です。

続いて、「日本人観光客の防犯イメージ」について。この回答を見てみると、どうも特にパリとローマでは、日本人女性観光客の防犯への意識は"低い"と思われています(パリの41.7%、ローマの55.0%が「低い」と回答)。
では、なぜ低く見られてしまうのか?
その理由として挙げられたのは「人前で財布の中身を出して現金払いするから」(ハワイ45.3%)、「現地の犯罪への知識が低いから」(パリ72.0%、ローマ52.5%、香港52.7%)、「財布など貴重品の管理が甘いから」(香港47.3%、パリ56.0%)などからです。

う〜む、なるほどそうか〜と、この時点ですでに心当たりのある方もかなりいらっしゃるかもしれませんね。

次の設問も、かなり気になる内容です。
「日本人女性観光客の"変"だと思う行動」というアンケートに対して、ソウルからはダントツに「騒がしい」という回答(47.6%)が挙げられています。また、他の回答で目に付くのは「不必要に笑顔」(ローマ35.7%、パリ30.0%)、「写真をたくさん撮る」(ローマ28.6%、パリ26.7%)、「時と場所にそぐわない服装をしている」(ソウル26.2%、ローマ21.4%)といった行動でしょうか。
ここで、もう少し"身なり"について突っ込んで、「日本人女性観光客の格好・服装で変だと思うところ」を聞いてみると、「時と場所に合わない格好をしている」(ソウル35.7%、ハワイ26.6%)、「化粧をし過ぎ」(ソウル41.3%、香港28.1%)、「おしゃれに気を使いすぎ」(ハワイ25.2%、ソウル21.0%)といった回答が多く寄せられています。
傾向としては、ハワイ、パリ、ローマの欧米では「ブランド品ばかり持つ」、ソウルや香港では「化粧をし過ぎ」「時と場所に合わない格好」「おしゃれに気を使いすぎ」といった回答が上位となっているようで、耳が痛い人が多いかもですね。

さらに日本人観光客と言えば、この設問でしょうか。
「日本人女性観光客の"買い物行動"の変なところ」についてのアンケートですが、結果、やはり「ブランド品を買い漁る」(ローマ43.2%、パリ41.7%、ハワイ33.8%)といった回答が多く寄せられています。
他にも「店員とコミュニケーションをとらない」(ローマ21.6%、パリ20.0%)、「少額決済で高額紙幣を出す」(パリ23.3%、ハワイ14.4%)、「商品を買わないにも関わらず店内をウロウロする」(パリ16.7%、香港15.6%)といった行動が印象深い模様です。

よくよく考えると、なるほど、そう見られているのか…と、気づいたときは、時すでに遅し〜って感じですね。

最後に、これは糧にすべき究極の設問ですが、「日本人女性観光客が身に付けた方が良い行動やマナー」についてです。
結果、各地域に共通して多いのは「現地の言葉を学ぶ、または話そうとする」(ハワイ39.6%、パリ33.3%、ローマ22.5%、ソウル42.0%、香港40.1%)という、我々にとっては耳の痛い回答だったようです。
他にも、「現地の礼儀作法を学ぶ、または学ぼうとする」(ソウル49.0%)、「嫌なことは嫌と言う、はっきり断る」(パリ30.0%、ハワイ28.1%)、「団体行動しすぎない」(パリ36.7%、ソウル23.8%)と、いささか想定内ではあるものの多くの日本人が実践できていない回答がズラリと並んでいます。

そして、もう一つ。「日本人女性観光客がもっと好感を持たれる為の行動やマナーのコツ」についてのアンケートも、参考にすべき設問と言えるでしょうか。
ここでは、「現地の言葉を使って挨拶」(ハワイ39.6%、パリ38.3%、ローマ28.8%、ソウル49.0%、香港46.7%)、「大声でしゃべらない」(香港28.7%、ソウル28.0%、パリ25.0%)、「時と場所に合った服装をする」(ソウル32.9%、ハワイ23.0%)、「チップをケチらない」(ハワイ27.3%)といった回答が並んでいます。

もちろん日本人の方からも、海外に向けて言いたいことは山程あるでしょうが、とりあえずは参考にして次の旅のプランを考えてみることといたしましょうか?

今年のゴールデンウィークも目前になりました。
世界があなたを待っているでぇ〜〜す♪♪

たちのゆみこ